地上デジタル放送に移行するにあたって、新聞のテレビ・ラジオ欄にも変化が起きた。地上デジタルのチャンネル構成に合わせて、これまでのテレビ局のレイアウトを変更したことによって、テレビ朝日が日本テレビとTBSの間に、テレビ東京がTBSとフジテレビの間に入り、フジテレビが右はじに来ることになった。

レイアウト変更にあったのは朝日、日経、日刊スポーツで、変更は地上デジタル放送の普及率50%が近いことから、各新聞社の判断によって行われたもの。テレビ東京は、「アナログ:12チャンネル」から「デジタル:7チャンネル」へ移行するにあたって、全社で取り組みを行っており、右はじの定位置からの脱却を待ち望んでいた。

大阪の読売新聞は今日からNHKの教育(アナ12chデジ2ch。昨日までは一番左)と総合(アナ2chデジ1ch。昨日までは左から2番目)が入れ替わり、そこだけデジタル的な並びになったけどテレビ大阪(東京と同じくデジタル7ch)は変わらず。読売テレビが端に行くことになるので読売新聞では変わらない気が。それ以外の局は大阪では変わらない。東京の2桁局は1桁化を望むのに対し、大阪は変わらないことを望むのかと感心した覚えが。